本文へスキップ

小論文の書き方、添削指導ならお任せください。入試・公務員・教員試験対策はこれで万全。|国試

TOP>国家公務員

国家公務員試験コースHEADLINE


過去問題コース

過去問題対策はこれで完璧!

過去問題を元に答案を書いていただき小論文を指導するコースです。大卒者向けから高卒者向けまでほとんどの試験区分に対応しています。
 




当社で取り扱う主な試験


・一般職・大卒程度
・皇宮護衛官・大卒程度
・一般職・社会人試験
・一般職・高卒者試験 
・皇宮護衛官・高卒程度     
・刑務官        
・入国警備官      
・税務職員
・裁判所職員

*このほかの試験についてもお問い合わせください。





予想問題コース

出題傾向を徹底分析!

過去5年間の試験問題を徹底的に分析し、それぞれの受験種別に完全対応した予想問題を用意しています。自分の受験する試験区分に即応した問題で小論文対策ができます。




過去問を徹底分析した予想問題を出題!

■当塾オリジナル 一般職大卒予想課題

以下の文章を読んで問に答えなさい。

 首都直下地震、南海トラフ地震等大規模広域災害の発生が懸念される中で、国及び地方公共団体によるソフト及びハードの対策を組み合わせた防災・減災対策(公助)とともに、住民自身による自助、地域コミュニティ等における共助が災害対策に重要な役割を果たすようになっている。
 東日本大震災においては、地震や津波によって行政機能が麻痺した。このような大規模広域災害時における「公助の限界」が明らかになった一方、@自助・共助による「ソフトパワー」の重要性が強く認識されたことから、平成25年の「災害対策基本法」の改正においては、地区居住者等による地域コミュニティレベルでの防災活動に関する計画である地区防災計画制度が創設された。 


出典 平成26年版防災白書(内閣府ウェブサイトより抜粋して引用)http://www.bousai.go.jp/kaigirep/hakusho/h26/honbun/0b_1s_00_00.html 

(1)@ について、大規模な災害時において、なぜ自助・共助が重要なのか、述べなさい。
(2)自助・共助のソフトパワーが災害時に機能するために、どのように取り組むべきか、あなたの考えを述べなさい。


当社で取り扱う試験

・一般職・大卒程度
・皇宮護衛官・大卒程度
・一般職・社会人試験
・一般職・高卒者試験 
・皇宮護衛官・高卒程度     
・刑務官        
・入国警備官      
・税務職員
・裁判所職員

*このほかの試験についてもお問い合わせください。