本文へスキップ

小論文の書き方、添削指導ならお任せください。入試・公務員・教員試験対策はこれで万全。|字の書き方

TOP>講座・初めに>エントリーシート

HEADLINEエントリーシートでありがちな失敗


 エントリーシートの書く上でまず注意したいこと、それは設問の意図をよく理解するということです。ありがちな失敗として次のような事例があります。

設問
当市役所に採用後、挑戦したいことを述べてください。


私は市役所に採用されたら、市役所の窓口業務に挑戦したいです。各種の相談に応じたり申請書の受付などをしたりして、市民の暮らしの役立つ仕事をしたいでです。周囲の先輩方に仕事を教えていただきながら仕事を覚え、早く自立できるようになりたいです。

 

上記の答案の場合いいたいことは分かりますが、物足りないです。出題者は「挑戦したいこと」を聞いています。「挑戦」とは、何かハードルの高いことに挑むことです。ここ書いてあることは、役所の職員であれば当たり前のことであって、「挑戦」になってないです。
 では次のようにしてみるとどうでしょう。




私は市役所に採用されたら、市役所の窓口業務を担当し、役所内で一番といわれるくらいの職員を目指したいです。仕事に必要な資格の取得にも挑戦します。市民からのどんな相談や申請でも的確に対応できる職員を目標に、全力で業務に励みます。



この答案の場合は、同じ窓口業務の話でも「役所内で一番といわれるくらいの職員を目指したい」「資格の取得」と、高いハードルに挑む姿勢が見られます。こういう書き方をしないと「挑戦」にはならないです。


エントリーシートを書くときは、設問のキーワードとなる言葉の意味をしっかり理解して書くことがとても大事です。そのことが出来ていない答案が非常に多いのです。

当塾ではエントリーシートの書き方指導、リライトを行っています。興味がある方は下記のページをご覧ください。


ES、小論文等書き方指導

文章のリライト

 

指導コース一覧

・入試対策用

 入試基礎・入試錬成

 大学・大学院対策

・就職対策用

 公務員・教員試験対策 

 病院採用試験対策

・昇進試験、その他の小論文の書き方、添削指導

 昇進試験対策

 その他小論文の書き方・添削指導

 書類・文章のリライト

・入試・就職等の模擬面接
 面接指導

・講師派遣
 講師派遣